山口 一茂(やまぐち かずしげ)

㈲ 大利根水産

子どもの頃は刃物なんか持てないから、荷物を運んだりして手伝っていたよ

この仕事をはじめたのは25年前。お店は親の代からやっていて、子どもの頃は刃物は持てないから荷物を運んだりして手伝っていたよ。だから魚はいつも身近にあった。お店は元々前橋の大同青果市場で営業していて、高崎市場では市場が開場した昭和54年から営業している。朝が早いのが大変だけど、良い品物を手頃な価格で提供できればお客さんに喜んでもらえる。それは本当にやりがいだね。

扱っている種類は多いよ。金曜日は魚が山のようになるんだ

扱っている魚は主にはマグロや鮮魚。料亭で使う「はも」のような特殊鮮魚も扱っているし、魚の種類は高崎市場の中では多いよ。金曜日は魚が山のようになるんだ。

うちのお店は、たとえ安くてもおおく下のもの(品質の低いもの)はおかないよ。魚は特に産地が大事だから、築地や浜で釣れた魚を直接仕入れたりもしている。魚はあたりはずれがあって、特にマグロは難しい。だけど、それがこの仕事の面白いところだよ。

マグロから料亭で使う「はも」など特殊活魚も扱っています

高崎市場の中では扱っている魚の種類は多いです

熟練の職人が見極めています

熟練の職人が見極めています。マグロは特に難しい魚

お店情報

店名 ㈲ 大利根水産
電話番号 027(352)8820
創業 1979 年
お店の種類 水産仲卸
主な取引先 飲食店・居酒屋・寿司店・割烹料理店・病院
※2017年8月時点の情報を掲載しています

場内マップ

㈲ 大利根水産はこのマークの場所になります。

ぜひよって見てください!
㈲ 大利根水産のマップ
読み込むまでしばらくお待ちください
㈲ 大利根水産のマップ
市場で働く人々一覧に戻る